不動産ホームぺージにとって必要なSEO対策

  1. 不動産ホームぺージ
  2. 不動産SEO

システムによる高度なSEO対策

不動産ホームぺージにはコンテンツの充実などの
一般的なSEO対策以外に

物件情報を活用したSEO対策が重要になります!

  • 01

    物件一覧自動作成

    不動産ホームぺージのSEO対策ポイント1

    地域名、物件種別など
    物件に紐づくカテゴリごとに一覧を自動で作成します

  • 02

    XMLサイトマップ

    不動産ホームぺージのSEO対策ポイント2

    Googleのクローラーが
    巡回しやすいように誘導します

  • 03

    スマホ対応

    不動産ホームぺージのSEO対策ポイント3

    不動産ホームページは
    モバイルフレンドリーが重要です

01

物件を自動的に分類し
複数の物件一覧を自動で作成します

不動産クラウドオフィスでは、登録された物件情報をもとに

「地域名 + 物件種別」

「地域名 + 小学校名 + 物件種別」

などの複数の物件一覧に紐づけます。

不動産ホームページのSEO対策として重要な物件一覧自動作成

ロングテールSEO対策で他社に差をつけましょう!

「地域名 + 物件種別」などのスモールキーワードで検索結果の上位を実現していくことで
「市区町村 + 物件種別」などのミドルキーワードでも検索上位に表示される可能性が高まります。

02

効果的にインデックスしてもらうために
XMLサイトマップを作成します

Googleなどの検索エンジンがホームページを訪問する際に、
XMLサイトマップを優先してチェックします。

XMLサイトマップとは

各ページのURLや優先度、最終更新日、更新頻度などを記述したファイルです。
検索エンジンがページを巡回しないとインデックスされません。

XMLサイトマップを設置することで

検索エンジンがホームページ全体の構造や状態を把握しやすくなるため、
インデックスされやすくなります。

新着物件など
短時間で認識されます

XMLサイトマップはリアルタイムに更新しています。新着物件など、物件を公開してからGoogleに認識されるまでの時間が早まります。

一覧に埋もれた物件も
認識されます

物件・ページリストを自動的にGoogleに送信しています。一覧に埋もれた物件や深い階層にあるページも、インデックスされやすくなります。

メンテナンス不要で
更新が楽に

物件の公開・非公開に連動してサイトマップファイルが自動的に更新されますので、手作業でファイルを修正する必要がありません。

システムに物件を登録することがSEO対策になります!

不動産クラウドオフィスのシステムに物件を登録すればするほど、
検索されやすくなり反響につながります。

03

モバイルフレンドリー対応の
物件システムです

不動産仲介業のような一般消費者を対象としたB2Cビジネスは、
ホームページのスマートフォン対応が必須です。

なぜ、スマートフォン対応が必要なのでしょうか?

現在では、ユーザーの約8割がスマートフォンでホームページを見ています。
スマートフォンに最適化されているページは検索順位が上がりやすくなります。

スマートフォン対応しないとどうなるのでしょうか?

Googleはスマートフォンとパソコンで検索順位を分けて表示しています。
パソコンで検索して上位に表示されていても、スマホ対応していない場合に上位表示されないこともあります。

不動産クラウドオフィスでは、
物件情報は自動的にスマートフォンに最適化されます

また、動的配信に対応していますので
パソコンとスマホのどちらでも同じURLでページにアクセスできます。

※一般的に動的配信(ダイナミックサービング)は高額になります。

SEO対策に力を入れたい場合は、
ドメイン&SEOプランをお申し込みください!