1. 不動産ホームぺージ
  2. >
  3. 不動産SEO
  4. >
  5. SEO対策5つのステップ

SEO対策を実現する5つのステップ

顧客のニーズを的確に把握する

SEO対策の第一歩は、「誰に何の情報を届けるか」ということになります。

あなたの顧客は誰ですか?

Googleなどで検索する顧客に最適な情報を届けるには、顧客を具体的に想像し絞り込む必要があります。

まずは、あなたの顧客が誰なのかを、具体的に想像しましょう。

顧客のニーズは何ですか?

あなたが想像した顧客は、どのような物件やサービスを求めているのでしょうか?

対象顧客が必要としている情報を、ピンポイントで提供する必要があります。

顧客のニーズを的確に把握し、営業活動の軸にしましょう。

ニーズを満たす検索キーワードを選定する

顧客のニーズを把握したら、ニーズを満たす検索キーワードを選定しましょう。

複合キーワードを前提に考える

複合キーワードとは、2語以上の単語を組み合わせたキーワードです。

具体的には、「青葉台 不動産」などの単語の組み合わせになります。

対象顧客のニーズに的確にマッチングさせるには、複合キーワードを複数選定することがポイントになります。

複合キーワードのメリット・デメリット

複合キーワードのメリットは、検索キーワードが具体的に絞り込まれるため、顧客ニーズとマッチングする確率が上がる点です。

デメリットとしては、検索ボリュームが少なくなる点ですが、複合キーワードを複数選定していくことで、より多くの顧客ニーズとマッチングさせることが可能になります。

キーワードに関連したページを作成する

検索キーワードを選定したら、キーワードを含むページを作成します。

ページ作成で重要な3大エリア

SEO対策を実現するページを作成する際は、以下の3大エリアが重要な項目となります。

  • ・ページタイトル
  • ・ディスクリプション(ページ概要)
  • ・H1要素(見出し)

これらの項目にキーワードを含めることで、ページの評価が上がっていきます。

コンテンツ作成で重要なポイント

画像やテキストなどページの中身のことを「コンテンツ」と呼びます。

情報量が少ないとGoogleに評価されないため、ある程度の文字数をページに含めましょう。

また、画像自体はGoogleは認識しないため、画像にもキーワードを含める必要があります。

作成したページにトラフィックを発生させる

キーワードを含むページを作成したら、ページを見てもらう必要があります。
ページにアクセスしてもらうことを「トラフィックを発生させる」と言います。

トラフィックの発生について

ページを作成しただけではトラフィックは発生しません。

ホームページ以外の媒体を使ってページの存在を外部に知らせることで、ページが認知されトラフィックが発生します。

トラフィックを発生させる方法

トラフィックを発生させるには、例えば以下のような方法があります。

  • ・名刺
  • ・チラシ
  • ・ビジネスプロフィール
  • ・業界サイトからのリンク
  • ・SNS(ツィッター)

これらの媒体で積極的にページの存在を知らせることを意識しましょう。

アクセス解析を行いページを改善する

ページにトラフィックを発生させたら、アクセス状況を分析しページの改善を行います。

アクセス解析はなぜ必要なのか

ページを作成しただけでは、本当にそのページが見られているのかは分かりません。

また、作ったページの内容が分かりづらく、ページをよく読まないまま閉じてしまっている可能性もあります。

これらの状況を分析するためにも、アクセス解析を行う必要があります。

アクセス解析で見るべきポイント

ページのアクセス解析では、主に以下の指標を確認し問題ないかをチェックします。

  • ・ページビュー
  • ・直帰率
  • ・サイト滞在時間

これらの指標が基準値以下であれば、ページ内容やトラフィックの誘導に問題があるため、改善を行います。

まとめ

今回はSEO対策を実現する5つのステップについて、概要を説明しました。

顧客のニーズをとらえ、ニーズ(キーワード)にマッチするページを作成し、ページの存在を認知してもらう必要があります。

また、作ったページは放置せず、顧客に見てもらえているかをチェックし、問題があれば改善も必要です。

次回は、ステップ1の「顧客のニーズを的確に把握する」について、詳しく説明していきます。

SEOサポートチーム

SEOサポートチーム