1. 不動産ホームぺージ
  2. >
  3. 不動産SEO
  4. >
  5. SEO対策のルール

SEO対策のルールを知ろう!

SEOの概念

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略語です。簡単に言えば、検索結果で上位表示を目指す施策です。

検索順位は検索エンジンがWebサイトやページに与える評価によって決まります。検索エンジンに高く評価されたWebサイトやページが上位に表示される仕組みです。

代表的な検索エンジンにはGoogleやYahoo! JAPANなどがあります。日本国内においては、Yahoo! JAPANもGoogleを公式な検索エンジンとして採用しています。

そのため、Googleは日本国内の検索市場の90%近くを獲得しており、検索エンジンの代名詞となっています。

SEO対策をするのであれば、Googleでの対策を主として考えるのが効率的です。

Googleアップデートの変遷

Googleの評価基準の内容は正式に公開されていません。

以前は、評価基準が今よりも難解ではなかったため、評価基準を多くの人が知ることになりました。その一つに「被リンク(外部リンク)が多いサイトほど上位表示されやすい。」でした。

その結果、内容の質が伴わないWebサイトでも、上位表示に効果のある被リンクを集めることにより、Googleの検索結果で上位表示してしまう現象が長年続きました。

こうした状況を打開するために、Googleは評価基準に対するアップデートを実施しました。

パンダアップデート

2011年から実施されたパンダアップデートはコンテンツの品質に関する評価を厳しくするためのアップデートです。

パンダアップデートの実施後は、以下の2つの変化がありました。

➀他のサイトから文章をコピーしただけの独自性の低いコンテンツが多いページや、そうしたページがあるサイトの検索順位が下げられる。

➁同じドメインのサイト内にある他のページにあるコンテンツの一部あるいは全部をコピーしているだけの独自性の低いページの検索順位が下げられる。

このアップデートにより安易に他のWebサイトから情報をコピーしたり、自社のサイト内にある文章を他のページで使いまわすことが上位表示にマイナスになるという認識が広がり、コンテンツの品質に対して注意を払うことが重要な課題になりました。

ペンギンアップデート

2012年から実施されたペンギンアップデートはサイトの過剰最適化に対してペナルティを与えるアップデートです。過剰最適化とは、上位表示を目指すキーワードをページ内に過剰に詰め込むことと、被リンクを大量に集めることです。

ペンギンアップデートの実施後は、以下の2つの変化がありました。

➀キーワードを過剰に書いたページの検索順位が著しく下げられる。

➁誰も見ないようなサイトからのリンクを大量に集めても検索順位が上がっていたが、そうした形だけのリンクを集めれば集めるほどリンクを張られたサイトの評価が下がり、ペナルティを受けて検索順位が下げられるようになった。

モバイルフレンドリーアップデート

2015年から実施されたモバイルフレンドリーアップデートはそれまで同じだったPC版Googleの検索順位とモバイル版Googleの検索順位を別々にするアップデートです。

その後、Googleは2018年頃にモバイルファーストインデックスを導入しました。これによってSEOの内部要素対策はPCサイト中心からモバイルサイト中心に行う必要が生じました。

コアアップデート

2018年から実施されたコアアップデートはクエリ(質問)と関連性の高いサイトの検索順位を高くするアップデートです。

SEOサポートチーム

SEOサポートチーム